トップページ > ニュース 花咲く丘から

ニュース 花咲く丘から

news

news

山の手フラワーヒルの最新情報をお届けします。

アンダーライン

施設内研修「平成30年度介護報酬改定について」
2018.04.18

4月11日 施設内研修「平成30年度介護報酬改定について」を行いました。

「介護保険制度の基本的な仕組み」と「基本報酬と加算」について基本的内容の確認後、「平成30年度介護報酬改定」の内容と新しい加算等について学びました。全職種が加算等の内容について学ぶ機会は初めてでしたが、専門分野以外の知識を得ることが出来たと思います。今回の介護報酬改定の内容により、今後どのような事が私達に求められているのかを感じ、求められる事業者となれるよう職員一同がんばっていきたいと思います。

編集_DSCN2588

 

aアイコン
トップページへ

施設内研修「看取り介護の基本」
2018.04.18

4月11日 看取り介護検討委員会による「看取り介護の基本」をテーマとして施設内研修を行いました。まず、特養における看取り介護実践の背景や介護報酬改定に伴い算定基準の基礎知識等を学びました。看取りは、個人を尊重し、その人が日頃から望んでいた最期を迎えられることが大切です。改めて看取りの大切さ、本人の希望に沿うことの難しさ、家族へのフォローや早めの同意書の必要性感じました。専門職として出来るケアを考えながら、他職種連携しご入居者様、ご家族様に安心して最期まで過ごして頂けるように接していこうと思います。「この施設に入ってよかった」と思って頂ける看取り介護について今後も研修参加や検討会により意識と知識を向上させていきたいと思います。

aアイコン
トップページへ

施設内研修「身体拘束について」
2018.03.29

3月29日に身体拘束廃止委員会による施設内研修を実施しました。

今回の研修では身体拘束の基礎知識、介護施設における身体拘束の現状や厚生労働省が廃止に向けて打ち出た適正化の内容を学びました。これからも自分たちの施設では身体拘束をしないという方針を職員全体で再確認できました。ご利用者ひとりひとりに合ったケアを提供し、生活の質の向上を目指していきたいと思います。

編集_DSC00359

編集_DSC00360

aアイコン
トップページへ

施設内研修「事故報告書 統計分析と考察」
2018.03.02

2月21日に事故防止委員会にて施設内研修を実施しました。

今回の研修では事故報告の統計結果から現状を把握し、事故を未然に防止する意識を高めることが目的でした。事故を防止する為にはその人に合った個別の対策が必要です。いかに普段の生活の中から事故発生要因に気づき、対策を取るかが重要だということを改めて感じられる研修になったと思います。

編集_DSCN2555編集_DSCN2557

aアイコン
トップページへ

施設内研修「腰痛予防について」
2018.02.05

2月5日、労働衛生委員会にて施設内研修を行いました。内容は「腰痛予防について」、 講師は、当法人産業医の山岸一貴先生に講演して頂きました。 先生のお話しの中で、原因不明とされている非特異的腰痛の多くが脊髄(腰)と脳(ストレス) の不具合が共存していると考えられているとお聞きし、ビックリしました。腰痛とストレスが関係 あるなんて…(@_@;) 仕事の合間に適度なストレッチの実施とストレスをなるべく溜めない事で 腰痛予防ができそうですね。労働衛生委員会では、今後も職員の健康障害の防止や快適な職場環境 にするための検討をしていきたいと思います。

編集_DSC00302編集_DSC00304

aアイコン
トップページへ

施設内研修「虐待の事例~日常の介護から考える~」
2018.01.22

1月16日(火)、虐待防止委員会にて施設内研修を実施しました。今回のテーマは「虐待の事例~日常の介護から考える~」です。各部署より、虐待に繋がるのではないかと考えられるケアについて事例を挙げてもらい、グループごとに意見交換を行いました。意見交換により、どのようなケアが虐待に繋がるのか明確化され、職員個々人の業務に対する姿勢や態度等について考える機会になったと思います。日ごろ介護に関わる上で大前提にしなければならない「利用者本位」という姿勢を忘れず、謙虚な気持ちで入居者・ご利用者と向き合い、安心して快適に過ごしていただけるよう職員一丸となってより良い介護の提供に努めていきます。

編集_DSC00299編集_DSC00294編集_DSC00297

aアイコン
トップページへ

「災害時における福祉避難所の設置運営に関する協定」締結
2018.01.22

1月11日、君津市と「災害時における福祉避難所の設置運営に関する協定」を締結致しました。

君津市大山野に「山の手フラワーヒル」を昭和63年7月に開設して以来、入居者の皆様が快適に自分らしい生活を楽しんでもらうため、お一人おひとりを大切にしたサービスが提供できるよう心がけております。

また、利用者の幸せの追求と、地域社会への貢献することを法人理念として運営しており、この度締結致しましたこの協定が、君津市民、また君津市の防災対策として、有効に生かされていくよう協力させていただきたいと考えております。

 

 

【この協定は、檀生会が運営する特別養護老人ホーム山の手フラワーヒルを福祉避難所としてあらかじめ指定し、市内において災害が発生した場合または発生する恐れがある場合に、一般の避難所での生活において特別な配慮を要する方及びその介助者(家族等)を受け入れるための福祉避難所の設置運営について、必要な事項を定めるものです。(君津市役所HPより引用)】

https://www.city.kimitsu.lg.jp/soshiki/6/12005.html

編集_1編集_②

aアイコン
トップページへ

施設内研修「褥瘡予防」
2018.01.22

12月13日、褥瘡予防委員会にてケープの高野様に講師を依頼し、施設内研修を実施しました。これまでの研修では褥瘡の知識について学んできましたが、今回は会場にベッドを用意し実際に体験しながら、安楽なポジショニングについて学びました。人によって快適なポジショニングが違うということや、除圧することの重要性を再認識することができました。

今後も知識と技術を磨き褥瘡を「予防」していきたいです。

編集_11編集_1編集_2編集_3

aアイコン
トップページへ

施設内研修「感染症対策について」
2017.11.30

11月17日、感染症対策委員会を中心に施設内研修を行いました。

今回は、「ノロウイルス」の知識を得ました。新たに「感染症発生時報告書」作成し、施設内での蔓延を防ぎ、正確な情報を把握する為に使用します。ノロウイルスは、接触感染、飛沫感染、空気感染と感染力が強い為、予防方法をしっかり学び、その後は嘔吐物の処理方法を実際に備えてある道具を使用し行いました。マニュアルに添って行ってみるといくつかの問題点や改善点が職員からも出されました。適切な処理方法で感染を最小限にする対応でご入居者様の安心できる環境を提供できるよう努めます。

編集_DSCN2446編集_DSCN2454

aアイコン
トップページへ

優良運転者表彰
2017.10.19

山の手フラワーヒル職員の佐藤職員が、優良運転者表彰をされました。

これは、自動車の運転経験が10年以上あり、過去5年以内に無事故・無違反である等の基準を満たしている者が表彰をされます。佐藤職員は無事故運転が、28年になります!今後も安全運転を心掛けていただき、また、施設職員の見本となっていただきたいと思います。おめでとうございます!

編集_IMG_2511

aアイコン
トップページへ
山の手フラワーヒル