トップページ > ニュース 花咲く丘から

ニュース 花咲く丘から

news

news

山の手フラワーヒルの最新情報をお届けします。

アンダーライン

施設内研修「疑似体験から学ぶ身体拘束」
2019.03.27

3月27日に身体拘束廃止委員会より施設内研修を実施しました。

今回は体験型の研修で、拘束具を用いた疑似体験や事例をもとに接遇のロールプレイを行っています。疑似体験では拘束の窮屈さを肌で感じ、ロールプレイではご利用者と関わる時の言葉一つひとつの影響力を再認識することができたと思います。何気なく発した言葉で、相手の行動を抑制してしまう可能性があることを常に意識し、今後も拘束のない施設でありたいと思います。

DSC01346 DSC01349 DSC01357 DSC01363

aアイコン
トップページへ

施設内研修「事故の統計分析とヒヤリハットの活用について」
2019.02.23

2月23日(土)晴れ

2/13事故防止委員会による施設内研修が行われました。

事故発生について6ヶ月間の分析結果(発生件数、時間帯、場所、分類、原因)を確認しました。その後、「ヒヤリハットの活用」として事例を基に考え改善案を確認しました。今回の研修では、「気づき」の認識を共有する事が、ケアの統一にもつながり、重大事故を防止するとし、各職員が意識を高め今後のケアに繁栄させていく事を再度学んでいます。

DSC_0631DSC_0629

 

aアイコン
トップページへ

施設内研修「日々のケアから予防する虐待」
2019.01.24

1月23日、虐待防止委員会による施設内研修を行いました。

今回のテーマは「日々のケアから予防する虐待」です。委員会にて「虐待に繋がる恐れのあるケアを考えるにあたり、まず認知症の入居者様に対する日々の声掛け・関わり方等について、考えてはどうか」との意見が挙がり、事例を交えながら関わり方について学びました。

研修の前半では、認知症に対する基礎知識として、具体的な症状や介護する上で心掛けなければならないこと・対応方法等について理解を深めました。

後半では、具体的な場面を想定して事例を用いた対応方法を学習し、「自分が同じ状況だったら、どう感じるのか」と、自分に置き換えて考えること・入居者主体でケアにあたることの重要性を強く感じました。

入居者様お一人おひとりの言動に対して、「なぜそのように思うのか・感じるのか」等、気づき、考える視点を持ちながら、虐待に繋がる恐れのあるケアの予防に努めることが大切です。

入居者様に応じたケアの提供により、安心して過ごせるよう支援していきます。

 

 

IMG_3427IMG_3429

 

 

 

aアイコン
トップページへ

施設内研修 褥瘡予防について
2019.01.07

編集_IMG_0117

12月12日に褥瘡予防委員会による施設内研修が行われました。

「褥瘡事例から考える検討事例」がテーマです。初めに前回の研修の確認という事で、プリントが配られ(背上げの方法・座り方どこが良くない?・クッションの当て方)各自、時間を設け改めて考えました。その後、除圧、ポジショニング、体位変換について学びました。振り返り学ぶ事は大切で、独自な対応はせず、知識と技術の統一を図り、学んだ事をご利用者様にどう活かしていくかです。ご利用者様に安楽な体勢と清潔の保持で気持ちよく過ごして頂けるように心して勤務にあたります。

編集_IMG_0118 編集_IMG_0120

aアイコン
トップページへ

施設内研修 インフルエンザ・ノロウィルスの予防について
2018.11.20

20日 晴れ☀ サービス課

先日、「感染症委員会」管理栄養士、看護職員指導により、インフルエンザ・ノロウィルスについての研修を行いました。座学で症状・感染経路・予防法・対応方法について学び、その後、実技・処理方法を行いました。流行時期に備え、職員も感染源になる事も意識し注意をしなければなりません。施設マニュアルが一部変更になり、再確認と新規職員を含めて実践でノロウィルス嘔吐物処理に見たて行いました

施設内への汚染拡大を防ぐ為、適切な方法で迅速・確実に行うことが必要と改めて学びました。

IMG_0102 IMG_0088

aアイコン
トップページへ

施設内研修「看取り介護の実践」
2018.10.16

10月10日、看取り介護検討委員会による施設内研修を行いました。

今回のテーマは「看取り介護の実践」です。

看取り介護とは何か、基礎的な知識から学び、終末期に起こる身体状況の変化・具体的にどのようなケアに注意して行うべきか等、理解を深めました。

看取り介護であるからといって特別なことを実施するのではなく、日々の介護の延長線上にあるものとして、入居者様の人となりを把握した上で個々に合った介護を実践することが大切です。

そのために、各職種が連携して、日々の介護に対して感じたこと・疑問に思ったこと等をそのままにせず、それぞれの意見を出し合いながら、入居者様にとってより良いケアを提供できるように、幸せに過ごせるように、努めていきたいと思います。

編集_DSC_3041編集_DSC01230編集_DSC01231編集_DSC01232

aアイコン
トップページへ

施設内研修「良好な睡眠」
2018.10.02

10月1日(月)AM10:00より労働衛生委員会主催の施設内研修を実施しました。

内容は、産業医の山岸一貴先生より「良好な睡眠」についてお話して頂きました。

睡眠について悩んでいる方が多いようですが、快適な睡眠を取る方法や眠れない時の

対処方法などを教えて頂きました。また「睡眠時無呼吸症候群」についてもふれて頂き、

職員の健康管理にとても良い内容となったと感じています。今後も職員の意見を取り入れ

ながら、より良い情報の提供をしていきたいと思っています。

 

編集_DSC_0452 編集_DSC_0454編集_労働IMG_3173

aアイコン
トップページへ

施設内研修「身体拘束の基礎知識と身体拘束の弊害」
2018.10.02

9月26日、身体拘束廃止委員会による施設内研修を行いました。

今回のテーマは「身体拘束の基礎知識と身体拘束の弊害」です。

研修の前半は基礎知識として、身体拘束がもたらす弊害等について説明があり、ご利用者にとってどのような影響が及ぶのか理解を深めました。後半では、事前に職員を対象とした身体拘束に関するアンケート結果の発表があり、各事例の考え方や対応について触れることで、職員それぞれが日々の業務を振り返りながら考える機会に繋がったと思います。

言葉掛け等の対応は適切かどうか、ご利用者一人ひとりに合った支援を工夫しながら職員一丸となって意識するよう努めていきます。

 

編集_DSC_2946

aアイコン
トップページへ

防災訓練を実施しました!
2018.09.27

9月19日に風水害を想定した防災訓練を実施しました。

訓練を積み重ねることで、職員の動きが素早くなってきているように感じています。

訓練のあとには担架を使用した避難誘導を行い、職員に体感してもらいました。

これまで使用方法や注意点を周知する場面がなかったので、良い機会になったと思います。

次回も効果的な訓練が行えるよう、防火管理委員会で検討していきたいと思います。

編集_IMG_3143 編集_IMG_3154

aアイコン
トップページへ

施設内研修「事故予防について(統計分析と事故の対策)」
2018.08.27

8/22に事故防止委員会にて施設内研修を実施しました。

今回の研修は、「事故予防について(統計分析と事故の対策)」です。

事故原因を分析することによって、予測ができ未然に防ぐ事もできると学び、事故報告書、ヒヤリハットを活用する事でも事故防止に繋がります。委員会では事故発生防止に関する指針で、「施設設備の整備」「職員教育」「ケア技術の向上」の体制を整えるとしています。職員間の共有と技術面では、自問自答しながら向上に努め、事故を少しでも減少できるようにしていきたいと思います。

編集_DSC01202編集_DSC01203編集_DSC01205編集_DSC01209

aアイコン
トップページへ
山の手フラワーヒル